ページ

2014年2月27日

旅と登山にGPSを持って、GARMIN eTrex 30J

GARMIN LEGEND
GARMIN LEGEND


旅するときや山歩き(登山)の際にはだいたいGPSを持っていきます。










GARMIN eTrex 30J
GARMIN eTrex 30J
今はスマホが現在位置情報を画像につけたりナビを行ってくれますのでいろいろな機器を持ち歩くこともめっきり減りました。

デジタルカメラの画像に位置情報をつけるのにいろいろな機器が必要でした。

GPSナビとカシミールの地図に記録機器を使って撮影した画像に位置情報を埋め込んだりしていました。



初めて使ったGPS機器はGARMIN LEGEND、写真の様に白黒のLCDパネルですので見えにくのですが、当時は画期的。

比較的新しいGPS機器は山歩きする際には非常に便利です。 基本はコンパス+地図なのでしょうが手軽に電子機器を使うのも良いと思います。

スマホはWiFiと基地局との通信情報から位置情報を決めるようですので山登りの際には基地局との通信が途絶える場所では現在位置が分かるまでにはだいぶ時間がかかります。 感覚的にはLEGENDと同じ位で数分ほどかかるでしょうか。

 ナビがあれば助かります
GARMIN eTrex 30Jは、いろいろと性能向上していましてGLONASS衛星やみちびきも捕捉可能ですので初期化がとても早く1分かかるかどうかといった感じでしょうか。

また位置精度も非常に高く数メートル以内のずれで現在位置を把握することが出来ます。(だいたい3メートルくらい)

ケイタイの電波がつながりにくい山歩き等では現在位置を正確につかめますので曇りでガスが出たときや雨などの天候などではとても助かります。

このところの夏は、異常な気象状態が頻発していますので、特に変化には気をつけたいです。



画像ではカバーを外していますが山歩きの際はカバーは必須だと思います。

一度落としたことがありますが、コロコロと転がってパリっとあっさりと前面のガラスが割れました・・・修理は交換となりますのでかなり高い。(2回目の山歩きで)

カバーやクリップは装備しておくのが良いです。