ページ

2016年3月25日

天体観察:2016/03/24 〜月と木星〜

星空観察 2016/03/24

空が思ったより晴れてて

 24日の日中は雲が空に広がっており、星空観察は無理そうと思っていました。

ところが午後9時過ぎに空を見ると、日中より雲が少なく月が綺麗に見えていたんです。

インターネット望遠鏡

インターネット望遠鏡@横須賀

ただ、気温が下がって冷えが強かったので手抜き観察でインターネット望遠鏡を使おうと横須賀サイトを覗いてみたのですが、雲が広がっていてとても観測できそうにありません。

寒い中ではありますが、自己機材で観察することにします!

2016年3月24日の月

 昨日の満月からすぐですので、まんまるお月様状態です。

今夜の月までの地心距離は405700kmとかなり遠く、見かけの大きさも小さい満月です。

1ヶ月後の4月22日の満月は2016年最小の満月(ミニマムーン)になります。 

ミニマムーンの地心距離は406100kmですので今夜の月との距離より400km程遠くなりますが見た目に差はわからないでしょうね。

ということでほぼミニマムーンなお月様です。

月までの距離を観察画像から算出できれば良いのでしょうが、あいにく満月が明るく輝いていますので目安にできそうな恒星が見当たりません。

木星

2016年3月24日の木星

昼間もあまり気温が上がらなかったためでしょうか、空気の揺らぎが今月では一番少なかったように思います。(外気温は一桁です)

来週は月出の時間が遅く、欠けてくる

 来週から再来週にかけて月が欠けてきて空が暗くなってきますし、月出の時間が遅くなってきますので星空観察には良い時期になりますね。

日没後すぐに高度が上がってきた北斗七星とその周りのメシエ天体を楽しめることを期待して。

おやすみ!