ページ

2015年10月2日

年末年始の海外旅行を考えて・・・まだ燃油サーチャージはちょっと高いんだよね


 ここ1〜2ヶ月間の「シンガポール・ジェットケロシン価格」が低迷気味なのでそろそろサーチャージに影響が出てこないかなぁと思ったんですけど。

10月末に発表の12月/1月料金が出るまで待った方が良さそうですね。

シンガポール・ジェットケロシン価格推移

価格推移の傾向


7月から下落傾向に変わってから、8月の大穴以後あまり上がってきていません。

図1:シンガポール・ジェットケロシン価格推移(7月〜9月)

航空会社の燃油特別運賃の改定時期

東南アジアあたりが手頃でしょうか、タイ・シンガポール路線で考えてみます。 

飛行時間はアメリか西海岸へ行くのとあまり変わらないのですが、北米便はサーチャージが高いからねぇ。 クリスマスにアメリカ行っても休みのところが多くて・・・

年末年始のカウントダウンは、ニューヨークとか面白いけど寒すぎる。

越冬するなら東南アジアがいいんです。

ANA


図2:燃油特別付加運賃改定時期(ANA)

8月〜9月の平均価格が12月〜1月の発見分に反映されるということですので、遅めの手配が良さそうですが、競争が激しくなりそうですね。


図3:今は日本=タイ・シンガポールは4500円

もしかすると、1500円になるかもしれないね。

シンガポール航空

条件はANAと同じです、


図4:サーチャージ改定時期
シンガポール航空はANAよりちょっと高めで、60ドル〜65ドルですと4000円になります。


図5:シンガポール航空・燃油特別負荷運賃表

東南アジアへ行くのなら、スターアライアンスを使うのがお約束(使い勝手が良い)ですので、ANAかシンガポール航空かタイ航空になると思いますがシンガポール航空とANAでは、ANAの方が少し安いです。

少し前までは、ANA便の方が高かったのですけど円安の影響でしょうかシンガポール航空の方が高くなってしまいました。

こう見ると、ANAのコードシェア便でシンガポール航空に乗るのがいいのかも。

シンガポール航空を使って、シンガポールへ行くといいことがあるので!

それと、シンガポールチャンギ空港のターミナル3に到着するのが断然便利なんだな。



アフィリエイト記事とかだと、ここで「○○がオススメです」とか紹介するんだろうけど・・・そんなのはないのさ!


羽田=シンガポール便に、エアバスA350を就航させてくれないかなぁ・・・